第2次大戦中に米軍の爆撃から日本の古代建築を守ったのは、1人の中国人だった=中国メディア

サーチナ / 2017年6月12日 11時42分

現在日本に現存している古代建築などの文化財は、幾たびの戦乱や社会や政治の変化の波から逃れ、生き延びてきたものである。特に第2次世界大戦では空襲などにより数多くの文化財が失われたが、京都や奈良の文化財はほぼ被害を免れ、現在もその美しさで人びとの目を楽しませている。 中国メディア・今日頭条は11日「第2次大戦中の日本の古代建築が保存できたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング