写真

在日米軍機が昨年1年間で6回の部品落下事故を起こした。一方、2012年からの約5年半で、自衛隊機は約120件の部品落下事故を起こしている。(イメージ写真提供:123RF)

今月13日、海上自衛隊のP3C哨戒機が青森県の八戸沖での飛行訓練後、複数の部品がなくなっていたことが伝えられた。中国メディア・新浪は17日、航空自衛隊機による「部品落下」が後を絶たず、このままではいつか大事故が起こる可能性があるとする記事を掲載した。 記事はまず、在日米軍機が昨年1年間で6回の部品落下事故を起こしたと紹介。日本国内から困惑と不満の声が出ていることを伝えた。そのうえで「よく見てみると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング