写真

台湾の桃園市ほか計5カ所で家宅捜索が行われ、サーバ40台、衛星コード解除機10台、不正ストリーミング視聴機器「Qbox」100台、スマートホン、パソコン、帳簿などが押収され、世界で初めて、日本コンテンツに係るデジタル放送対応の不正ストリーミング視聴機器が摘発された。(写真は、押収された機器など。提供:CODA)

台北地方検察署、刑事警察大隊電信偵査大隊(第一隊)、保二総隊刑事警察大隊(偵一隊)、台北市政府警察局大安分局は、2018年6月14日、インターネット上に違法アップロードされた動画をテレビで視聴する為の機器(不正ストリーミング視聴機器)を販売し、さらに動画の違法アップロードも行っていたとして、台湾在住の男性4名、女性2名の計6名の容疑者を逮捕した。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA・島谷能成・後藤健郎代表理事)と現地の調査機関IFACT-GCの情報提供が逮捕のきっかけになった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング