写真

日本では賞味期限切れの食品を大量に破棄していることが問題視されることがある。これに対し、中国メディアは「冷や汗が出る」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

中国メディア・東方網は20日、「日本は世界で最も食べ物を浪費する国だと言われるが、その理由を知ったらわれわれは冷や汗が出る」とする記事を掲載した。 記事は、日本では商店で販売されている食品に賞味期限が記載されており、それが「変質して食べられなくなる訳ではないが、おいしく食べるうえで守ったほうがいい期限」であることを紹介。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング