写真

漢字を使うため、中国人は日本を旅行していても、あまり大きな不安を覚えないという。ただ、同じ漢字を使っていても、日本と中国ではその文字の意味合いが異なる場合がある。特に、千葉県の「我孫子(あびこ)」という地名は、中国人を仰天させるという。なぜなら・・・(イメージ写真提供:123RF)

日本で使われている漢字は中国生まれであることは周知の事実だが、同じ漢字を使用しているがゆえに思わぬ誤解が生じることもある。中国メディアの快資迅は11日、「中国人が口にするのをはばかる罵りの言葉が、日本では地名になっている」と驚きを示す記事を掲載した。 記事が取り上げたのは千葉県の「我孫子(あびこ)」市だ。日本人のなかには読み方が難しい地名と感じる人がいるかもしれないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング