写真

韓国での新生児の誕生数は、2014年は43万人で、2016年は42万人、2017年は35万人となっていて、初めて40万人を下回った。2031年には韓国の人口は減少し始め、2065年には4300万人になり、2165年には1500万人になるという予測もあるという。(イメージ写真提供:123RF)

長く続いた一人っ子政策は撤廃されたものの、思うように出生率が伸びていない中国では、人口が減少し、労働力不足に陥るのではないかと懸念されている。出生率低下は日本でも起きていることだが、実は韓国でも深刻な問題となっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、「韓国人は地球から消滅するかもしれない」という主題の記事を掲載し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング