写真

日本では、クリスマスのフライドチキン、節分の恵方巻同様、バレンタインデーのチョコレート、そして、「ホワイトデー」はいずれも商業者が仕掛けた販売戦略がヒットし、習慣化したものが少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

中国メディア・東方網は11日、バレンタインデーに職場の男性に「義理チョコ」をあげる日本の習慣に異変が生じており、「ハラスメントだ」との声さえ出ているとする記事を掲載した。 記事は、「毎年2月14日のバレンタインデーに、男性の同僚に義理チョコを送るという『強制的』な習慣に対して、女性たちがボイコットしつつある」とし、数千円単位にもなる義理チョコを渡すことに対してますます多くの女性が不満を覚えていると伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング