中国人にはあまり知られていない、日本の世界一とは=中国メディア

サーチナ / 2019年3月23日 15時12分

新幹線のライバルとみなされている中国高速鉄道は、広大な国土を持つ中国全土に張り巡らされていて、営業距離は2018年末現在で、2万9000kmとなっていて、世界第1位の規模となっている。また、一部路線では世界一となる時速350キロでの営業運転を行っている。これはあくまでも高速鉄道だけの話だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング