写真

中国メディアは、日本の街を紹介する記事を掲載し、「地方都市はまるでゴーストタウンのようだ」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

中国では14億人に迫る人がひしめき合って生活している。近年では都市部に人口が集中する傾向にあり、都市部はどこを見ても人だらけの光景を見ることができ、どれだけ細い路地に入っても人がいることが普通で、まったく人のいない場所など存在しないようにも思えるほどだ。 こうした環境で暮らす中国人たちは日本を旅行で訪れると「街に人がいない」と感じて唖然とするという。中国メディアの捜狐は9日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング