写真

中国メディアは、「日韓が世界貿易機関(WTO)で激しい喧嘩を繰り広げている」と題する記事を掲載し、日本と韓国それぞれの主張を取り上げた。(イメージ写真提供:123RF)

日本政府が1日に発表した韓国への半導体材料の輸出規制強化は中国でも話題となっているが、中国メディアの第一財経は11日、「日韓が世界貿易機関(WTO)で激しい喧嘩を繰り広げている」と題する記事を掲載し、日本と韓国それぞれの主張を取り上げた。 記事は、韓国がWTOの理事会会議で臨時議事日程の獲得に成功し、会議に参加していたWTOの加盟国の前で韓国に対する日本の輸出規制措置はWTOの自由貿易原則に違反しており、世界の電子製品のサプライチェーンをかき乱していると主張、さらに、G20で示した公平な自由貿易を支持する態度を「豹変させた」と告発したと伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング