写真

中国メディアは、韓国で日本製品のボイコット運動の中には日本製カメラも入っていると伝えたが、その一方で、韓国のカメラ市場ではキヤノン、ニコン、ソニー、オリンパスといった日本ブランドが70%を超えるシェアを獲得していると指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

中国メディア・東方網は10日、日本政府による半導体材料の輸出規制を受けている韓国国内で日本製品をボイコットする動きが大きくなるなかで、その影響が自国メーカーがなく日本メーカーが国内シェアの7割を占めるデジタルカメラ製品にまで及びつつあるとする記事を掲載した。 記事は、日本政府による輸出規制発表後、かねてよりぎくしゃくしていた両国の関係はさらに悪化しており、韓国国内では日本製品や日本人タレントなど、日本に関する多くの物事に対するボイコットを呼びかける声が高まっていると紹介した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング