写真

中国メディアは、中国の食品関係者などが日本の学校給食の実態を視察するために訪日したことを紹介し、中国と日本の学校給食を比較したうえで、中国が日本に学ぶべき点を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

中国では一部の小中学校で給食制度が導入されているが、安全な食事が提供されているとは言い難いのが現状だ。2019年3月には四川省成都市の学校給食で、カビが生えた食材や腐った食材が混入していたことが発覚し、中国で大きな問題となった。 中国メディアの騰訊は14日、中国で学校給食について関心が高まるなか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング