写真

中国語は抑揚のある言葉であるため、日本人からすると中国人同士が普通に会話しているだけでも言い争っているかのように聞こえがちだ。(イメージ写真提供:123RF)

日本人が中国語を聞くと、喧嘩しているように聞こえると言われることがある。中国人は声が大きいうえに、中国語は抑揚のある言葉であるため、日本人からすると中国人同士が普通に会話しているだけでも言い争っているかのように聞こえがちだ。 しかし、中国では実際に人目をはばからずに喧嘩している人を見かけるのも事実であり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング