写真

中国では、中古品と聞くと「前の持ち主がどのような使い方をしてきたのか分からない」として嫌悪感を示したり、何が何でも新品でなければ買いたくないという人は多い。(イメージ写真提供:123RF)

中国の人びとは日本人ほど「中古品」を好まない傾向がある。中古品と聞くと「前の持ち主がどのような使い方をしてきたのか分からない」として嫌悪感を示したり、何が何でも新品でなければ買いたくないという人は多い。 日本を訪れる中国人のなかには、日本の街中ではブランド品から書籍、家電製品に至るまでありとあらゆる分野の中古品を扱う店が数多く存在することに驚き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング