写真

中国では家族や親族が病気になって入院した場合、付添いの家族は廊下で寝ることを強いられることが多い。(イメージ写真提供:123RF)

中国では家族や親族が病気になって入院した場合、家族の誰かが病院に寝泊りしながら看護しなくてはならない。ただでさえ病室は患者で溢れているというのに、家族が泊まるためのスペースやベッドは用意されていないため、付添いの家族は廊下で寝ることを強いられることが多い。 日本と中国では医療サービスを受ける患者や家族をめぐる環境は大きく違っていると言えるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング