写真

中国メディアは、「中国の実習生は日本の介護業界を救えない」と指摘する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

日本の人材不足を補うべく、2017年11月から始まった介護職種の「外国人技能実習制度」。日本としては、特に同じアジア人で外見が似ていて、漢字も分かる中国人介護技能実習生に対する期待が高く、少子高齢化が進んでいる中国としても、介護先進国の日本で学べるという利点があった。しかし、中国メディアの今日頭条は19日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング