写真

中国では1990年代に建てられた建築物がものの30年ほどで「崩壊」してしまう事例が相次いでいるが、中国メディアは、日本の建築物はなぜ「堅牢なのか」と疑問を投げかけ、その理由を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

上海などの大都市では高層ビルが林立しており、日本では見かけないような超高層ビルも中国では珍しいものではなくなった。みるからに立派な高層ビルが存在するようになった中国だが、中国人からすると日本の建築物には「目を見張るものがある」のだという。 中国では1990年代に建てられた建築物がものの30年ほどで「崩壊」してしまう事例が相次いでいるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング