写真

中国メディアは、日本には100年以上続いている企業が3万社以上もあるが、中国には数えるほどしかないことを紹介する記事を掲載し、「失われた20年という言葉で日本経済を軽視することはできない」と論じた。(イメージ写真提供:123RF)

ここ数年はかつての成長ぶりは影を潜めているが、それでも中国の経済成長率は6%以上となっており、その発展ぶりは目を見張るものがある。一方、日本経済は1990年代のバブル崩壊以降は成長を失っており、中国でも「失われた20年」あるいは「失われた30年」という言葉は広く知られている。 中国メディアの今日頭条は1日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング