写真

中国メディアは、スパコンの性能をめぐっては、近年は米国と中国の争いが続いていたと紹介する一方、日本のスパコンが9年ぶりに米中の間に割って入ったことは大きな驚きだと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳」が計算速度や省エネ性能などで世界一を達成したことは、中国でも大きな驚きをもって受け止められている。日本のスパコンが計算速度で世界一になったのは2011年以来、9年ぶりだからだ。 中国メディアの百家号は28日、スパコンの性能をめぐっては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング