写真

中国メディアは、中国には「死にそうになるくらい臭い河川」が多いというのに、日本では鯉が生息できるほどきれいな用水路もあると伝え、この差は一体なぜ生じるのかと疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

著しい経済成長を遂げた中国だが、その背後には自然環境の犠牲があったと言える。土壌が有害な重金属で汚染された地域や、大気汚染が続く地域など、環境破壊の事例は枚挙にいとまがないほどだ。 日本も高度経済成長の際には各地で環境破壊が進んだが、今では環境保護の重要性が広く周知され、破壊された環境もずいぶん元に戻ってきたと言えるだろう。 中国メディアの百家号はこのほど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング