写真

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニングの画像

文/鈴木拓也 多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから仕方ない」と諦めて老眼鏡を新調するか、「まだまだ若い」と言い聞かせて不便な裸眼のまま頑張り続ける。 それに対して、「老眼になってもあきらめる必要はありません。老眼はよくすることができます。一方で対応を間違えると目だけでなく体調が悪くなります」と言うのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング