写真

「セクハラが生まれる構造――男女の社会的地位が根本的に違うという構造を変える必要があるという共通認識が浸透しない」と指摘するモーリー氏

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、日本社会でセクハラが生まれる構造について言及する! *** 昨年、“complicit(コンプリシット)”という言葉がアメリカで大流行し、オンライン辞典のアクセス数が約300%増加しました。直訳すると「共犯の、共謀した」といった意味ですが、最近の使われ方は「見て見ぬふり」というようなニュアンスです。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング