写真

(maroke/iStock/Thinkstock)

学生時代、どうにもこうにも勉強が苦手だったという人もいるだろう。学力はあくまで物差しのひとつに過ぎないが、社会がまだ小さい子供の場合はそれが大きな意味を持ち、その後の人生に良くも悪くも大きく影響してしまうこともある。今、「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「アホの子教えるのは楽しかった」というエントリーが注目を呼んでいる。■「出来ない子」への接し方投稿者は学生時代にバイトで個人指導の塾講師をしていたと語る人物。「座ってられない&話が聞けない中2」や「アルファベットのaとdとbの区別が付いてなくてbogとかdoppleとか平気で書いちゃう中3」など、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング