写真

(PhonlamaiPhoto/iStock/Thinkstock)

6日のアメリカンフットボール第51回定期戦で、日本大学の選手が関西学院大学の選手へ悪質なタックルをしたとして、負傷させた宮川泰介選手(20)と代理人の弁護士が22日に異例ともいえる記者会見を開いた。背後からの激しいタックルについて、監督・コーチから、反則行為の指示があったことを明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング