写真

( maroke/iStock/Thinkstock)

重度の障害を理由に地元の小学校への通学を認めないのは違法だとして、川崎市に住む男児(6)とその両親が同市と神奈川県を相手取って通学を認めるよう提訴していたことがわかった。■「専門的な教育が適切」として特別支援学校を指定『TBSNEWS』によれば、男児は先天性ミオパチーという難病で人工呼吸器を装着して生活。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング