写真

(maroke/iStock/Thinkstock)

会計検査院の調査で、低所得世帯の高校生を対象とする都道府県の奨学給付金について、2017度までの4年間に受給した12府県の延べ23万8108人のうち、1%の2451人が教育費を学校に納めていなかったことが判明。貧困家庭の一筋縄ではいかない実情に、ネット上では様々な声が広がっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング