つい先日、探査機「ガリレオ」の過去観測データの精査から水の噴出の可能性が高まった、木星衛星「エウロパ」。 そもそも探査機の名前にもなっているように、エウロパは科学者のガリレオ・ガリレイが1610年に発見しました。直径2000マイル、公転日数は3.5地球日、質量は月の約65%のこの衛星は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング