アメリカのアリゾナ大学は8月14日付で、地球接近天体(NEO:NearEarthObject)の検出を目的に運用されている同大学の観測プロジェクト「カタリナ・スカイサーベイ(CSS)」の新たな取り組みを紹介しています。 合体間近な中性子星の想像図 ■1年で1000個の地球接近天体を発見する「小惑星ハンター」 NASAからの資金提供を受けて運営されているカタリナ・スカイサーベイは、毎年数多くの地球接近天体を発見しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング