老害右翼に「NO!」を。愛国ラッパー、魂の叫び

日刊SPA! / 2017年4月25日 8時52分

森友学園や教育勅語問題など、“愛国者たち”に端を発する話題が世間を騒がしている。だが、その言動や行動は“健全なナショナリズム”の範疇を逸脱し、逆にこの国の形を歪めてはいまいか?自身を「保守である」と自認する人々に、現在の“愛国者たち”の問題点を語ってもらった。 ’14年に行われた都知事選で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング