最終目標は「キリスト教同盟」!?…トランプがロシアとの蜜月を望む本当の理由

日刊SPA! / 2017年5月20日 8時52分

就任後まだ半年も経っていないのに、トランプ大統領は最大の窮地に経っている。2016年の大統領選挙でロシアが介入したという疑惑で、米司法省に特別検察官が任命されたのだ。事態が一気に進展したのは、言うまでもなくFBI長官のジェームズ・コミーを解任したからだ。 トランプ政権の閣僚や側近を詳細解説した著作『トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑』(5月24日発売/扶桑社)を上梓したばかりの作家のベンジャミン・フルフォード氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング