死にも直結する「睡眠時無呼吸症候群」は完治するのか? 居眠り運転、心筋梗塞まで引き起こす

日刊SPA! / 2017年8月22日 15時54分

毎晩続く熱帯夜。睡眠は我々の人生の3分の1を占める行為なだけに、心身へとダイレクトに響く。「疲れが取れない」「体がダルい」。起床時にそう感じるのは、深刻な事態の一歩手前かもしれない。また、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という病名が認知されてから久しいが、潜在的な患者は約260万人もいると言われている。実際に治療を始める人も多いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング