スーパーから「魚売り場」が消える! 消費量は減り、価格は上昇…その背景にあるものとは?

日刊SPA! / 2017年10月20日 8時53分

近年、乱獲や生態系の変化による個体数の減少が問題となっている魚。広大な海だけでなく、より身近なスーパーの魚売り場でも魚は姿を消していた!見慣れたはずの陳列棚が変化、消滅の危機に瀕している理由をさまざまな角度から探った。 ◆鮮魚売り場がすでに消滅した店舗も 近年、「魚離れ」が叫ばれている日本の水産業。漁獲量や消費量の減少、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング