写真

※写真はイメージです

給料は上がらない。それでも物価は上がっていく。ギリギリの生活を送りながら、家計の破産も「明日は我が身」と感じる人も少なくないはず。「自己破産件数」は13年連続で減少してきたが、ここにきて微増しているという。 借金に手を染めるきっかけは、生活苦、給料の減少、教育資金、奨学金の返済、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング