写真

お店側も留学生に依存状態…若い働き手が集まらない地方のコンビニでは、留学生がその隙を埋める存在となっている

昨年末に31万人を突破した外国人留学生。コンビニや飲食店で働く外国人の姿はもはや日常となったが、その陰には仕事をしなければ生活できないという厳しい現実がある。週28時間までの就労基準を超え、バイトざんまいの毎日……。そんな“出稼ぎ留学生”たちを頼る現状、雇用側の実情を聞いた。 ◆留学生なしでは人手不足。働き方改革の浸透で雇用側は頼りっぱなし 仕事に忙殺される“出稼ぎ留学生”たち。では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング