「脱がない私に価値はないの?」アラサーグラドルの苦悶と再出発

日刊SPA! / 2019年1月19日 15時55分

“現役グラドル兼ライター”。だいたい、「は?」と言われて聞き返されるが、30歳を過ぎた現在の私、吉沢さりぃの肩書だ。年に2回ぐらいは地上波にチラッと出て、たまぁに雑誌にグラビアが載り、文章を書いて、飲み屋で働きながらファンを相手にお酌をしてなんとか生きている。知名度と収入はまだまだ欲しいところだが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング