理解されない「発達障害グレーゾーン」という存在

日刊SPA! / 2019年2月12日 8時53分

SPA!でも’18年に2度にわたり、大特集を展開した発達障害。その取材をきっかけに生まれた『発達障害グレーゾーン』(姫野桂著)も発売即重版となるなど、大きな反響を呼んでいる。第3弾となる今回は「発達障害という診断名がついていない人々」の苦悩を追った。 ◆「グレーゾーン」はなぜ理解されないままなのか? 発達障害の認知度こそ上がったものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング