防衛省で襲われた自衛官が、銃に実弾さえ入れられない悲哀

日刊SPA! / 2019年2月23日 8時54分

「自衛隊ができない50のこと50」 ◆防衛省の門番が襲われる事件が発生 さる2月7日朝、東京市ヶ谷の防衛省で正門から男が侵入し、門番の持つ小銃を奪おうとした事件が発生しました。不意打ちで突進されれば肋骨や腰骨が骨折するような危険もあったと思いますが、日ごろ戦闘訓練をしている自衛官のこと、とっさに受け身をとったのでしょう。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング