写真

斎藤雄二氏(仮名)

「働き方改革」に伴い、政府も副業を後押しする昨今。スキマ時間に手軽にできるものから、まとまった元手や時間を要するものまで、その内容は多種多様だが、果たしてその明暗を分かつものは何なのか? ◆週1回、半日ペースで働いて月30万 厳しいノルマやパワハラが横行するイメージも強い営業は、昨今、就職人気は決して高くない職種だが、店舗の販売員や外交販売などを含む販売従事者は850万人を超える(「労働力調査結果」平成28年より)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング