「偽装留学生」を食いものにする日本…留学生1400人が消えた東京福祉大の闇

日刊SPA! / 2019年3月26日 8時51分

◆4月の「就労ビザ」緩和直前に発覚3年間で1400人が行方知れず 東京・愛知・群馬に合わせて4つのキャンパスを持つ東京福祉大学で、大量の外国人留学生が“行方知れず”となっている。所在がわからなくなった学生の数は、募集を開始した’16年からの3年間でおよそ1400人。そのすべてが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング