写真

※写真はイメージです

少子高齢化が進む昨今、長く働き続けることはもはや必然に。かつての「働き方」がいよいよ微塵も通用しなくなるこれからの時代、60歳以降の人生を確実に乗り切るうえで必要となるものとは一体?経歴よりも資格よりもずっと重要となる「サラリーマン生活の適切な終え方」ここに考察する——。 ◆長く働くために自ら「正社員」を放棄 大川貞夫さん(仮名・56歳)年収800万円(副業含む) 確かに業務委託には年齢制限こそないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング