写真

※写真はイメージです

週刊新潮が2019年4月18日号で『娘を性のはけ口にした父が無罪というバカ判決「裁判長」』という記事を出した。名古屋地裁岡崎支部の鵜飼祐充裁判長(59)が父親による凌辱事件を判決で「事実」と認めながら、最終的には「無罪」としたというものだ。同誌は帰宅途中の鵜飼裁判長に直撃し、自転車で逃げ去るまでの一部始終を詳述している。 ◆JKビジネスの訴訟案件も…… この一件は4月4日の共同電を皮切りに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング