孤独死の犠牲になった悲しきペットたち。飢えて共喰いした形跡も…

日刊SPA! / 2019年4月21日 8時54分

年間約3万人といわれる孤独死――。少子高齢化で、単身世帯が急増する中、孤独死は、もはや誰の身にも起こってもおかしくない。 拙著、『超孤独死社会特殊清掃の現場をたどる』の取材に当たっては、数々の孤独死現場を取材したが、その過程で驚かされたのが、飼い主と共に犠牲になるペットたちの存在だ。熱帯魚や、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング