写真

写真中央が六代目山口組N0.2の高山清司氏(高は、ただしくは「はしごだか」)。

辣腕は健在だった。日本最大の暴力団・六代目山口組で若頭というNo.2の要職に就く高山清司氏(高は正確にははしごだか)である。 恐喝罪で14年に服役した高山氏は、今年10月に満期出所。社会不在となった期間は約5年ほどだが、ブランクを感じさせることなく人事改革を矢継ぎ早に実行。組織運営の舵取りを精力的に行っている。 「六代目山口組では直系組長を2名、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング