写真

「通勤できない」と不調を訴えるサラリーマンも

◆アフターコロナ症候群は、社会の弱体化を招く危険性も 新型コロナウイルス拡大として自粛生活を強いられて約3か月。その間に「体力が落ちた」「疲れやすくなった」「物忘れがひどくなった」「うつ病気味になった」といった不調を自覚し始めた人々は実に多い。 これは、閉じこもりや社会的孤立から起こる症状だといわれている。アフターコロナ症候群、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング