写真

画像:「雨は、やさしく」facebook

もはや国民食であるラーメン。その店舗数は3万軒にのぼるとも言われていて、現代では「使われていない食材はない」とまでされるほど裾野は広がっている。その中で、味やサービスで差別化を図るのは当然だが、「店名」で差別化をはかっている店もある。そうした店名の裏には、どんな思いがあるのだろう。店主に話を聞いてみた。 ◆ラーメンの街さっぽろで個性を放つ“ポエム”な店名 日本三大ラーメン地のひとつでもある札幌で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング