写真

年収600万円台だったクラシック指揮者もコロナ渦に飲み込まれていく…… ※写真はイメージです

新型コロナウイルスの流行により仕事や住居の変化、起業・学業・結婚の中断、中には家族の死など人生計画を狂わされてしまった人々は数多い。彼らはその後、どうなったのか?今後もコロナ禍収束の見通しが立たない中、その生活ぶりと価値観の変遷に密着した。 ◆一公演60万円の収入から1か月休まず働いて7万円に ▼クラシック指揮者⇒UberEats配達員中島秀明さん(仮名・45歳) 「コロナでタクト(指揮棒)をバイト情報誌に持ち替えまして……」 そう自虐気味に笑うのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング