フィギュア宮原が世界選手権欠場「治療に専念」、本郷が繰り上がり出場

スポニチアネックス / 2017年3月20日 18時11分

日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子の宮原知子(18=関大)が左股関節のけがの影響で29日開幕の世界選手権(ヘルシンキ)を欠場すると発表した。宮原の代わりに本郷理華(20=邦和スポーツランド)が繰り上がりで出場する。宮原は2月に左股関節の疲労骨折が発表され、同月の四大陸選手権と札幌冬季アジア大会を欠場。治療とリハビリを続け世界選手権出場を目指してきたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング