ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦(20日、有明コロシアム)で同級1位・比嘉大吾(21=白井具志堅)の挑戦を受ける予定だった王者ファン・エルナンデス(30=メキシコ)が王座を剥奪された。19日に都内のホテルで行われた前日計量で、比嘉がリミットの50・8キロで一発パスしたのに対し、エルナンデスは200グラムオーバーの51・0キロ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング