写真

<中・広>10回2死一塁、ビシエド(左)にサヨナラ2ランを浴び、引き揚げるジャクソン

◇セ・リーグ広島3―5中日(2017年5月19日ナゴヤドーム)広島の絶対的リリーバーが痛恨の1球に泣いた。3―3の延長10回、5番手・ジャクソンがビシエドにサヨナラ2ランを被弾。「あそこ(ビシエド)までにスリーアウトを取りたかった」と肩を落とした。19度目の登板で今季初失点となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング