西武 判定統一申し入れ 雄星への反則投球宣告に「同じ意見持ってやって」

スポニチアネックス / 2017年8月21日 8時41分

西武の鈴木葉留彦球団本部長は、菊池が2段モーションによる反則投球を宣告されたことについて、日本野球機構(NPB)に判定の統一を求めたことを明らかにした。19日に「全て最終的には審判の判断」との回答を受け取ったが、NPB側には「審判員全員が同じ意見を持ってやってほしい」と伝えたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング